既存住宅瑕疵補償保険

既存住宅瑕疵補償保険とは?


個人間で売買される既存住宅を対象とした「検査」と「保証」がセットになった保険です。
保険法人に登録された「検査事業者」が被保険者となり、検査事業者の隠れた瑕疵に対する保証責任」について補償します。

既存住宅瑕疵補償保険のメリット


現場検査

保険の引受けにあたり検査基準に基づいて、構造耐力上主要な部分と雨水の侵入を防止する部分の検査を実施します。売買される住宅の瑕疵の有無を検査でチェックすることができます。

保険補償

検査でも発見できなかった瑕疵(隠れた瑕疵※)による損害が保険期間内に発生した場合、修補費用等を保険がサポートします。 ※「隠れた瑕疵」とは、契約時に確認できないまま引渡されてしまった対象住宅の瑕疵をいいます。

倒産

万が一、検査事業者が倒産等の場合でも、買主から直接保険法人に保険金の請求ができます。

既存住宅瑕疵補償保険の内容


この保険では、対象住宅の保険対象部分の隠れた瑕疵に起因して、対象住宅が基本的な構造耐力性能や防水性能を満たさない場合に、被保険者が買主に対して保証責任を履行することによって生じる損害について保険が支払われます。

保証期間


引渡し日より5年間または1年間です。

お支払いする主な保険金


○補修費用 ○損害調査費用 ○仮住居・移転費用

1回の請求ごとの支払い額(検査機関に支払う場合)


保険金支払額=(損害額ー免責金額5万円)

保険金支払い限度額


保険期間
限度額
5年間
1,000万円
1年間
1,000万円
500万円