ホームインスペクション

既存住宅検査

ホームインスペクションとは?


住宅に精通したホームインスペクター(住宅診断士)が、住宅の劣化状況、欠陥の有無、改修すべき箇所やその時期、おおよその費用などを見極めます。

ホームインスペクションを進める理由


安心

隠れた不具合や建物の性能など中古戸建て住宅ならではの不安をプロの検査で解消。診断書として報告書を作成しますので購入後のメンテナンスやリフォームコスト目安もわかるので買い主も安心して購入できます。

トラブル防止

住宅の現状が第三者のプロにより判断されるので、取引きもスムーズに。また、戸建て住宅を購入後に売主が知らなかった欠陥が見つかりトラブルに・・・といったケースも避けることができます。

差別化

きちんと検査した物件として安心をアピールして売買することができます。 また、「既存住宅かし保証保険検査」に対応していますので「適合」となれば、保険に加入し、万が一何か事故が起こっても保険で対応できるので安心です。

ホームインスペクションのポイント


POINT.1

プロによる専門的な検査

建物の検査は目視を中心とした非破壊検査にて、木造一戸建ての場合、2〜3時間程度かけて行います。
対象となるのは、構造耐力上主要な部分と雨水の浸入を防止する部分となります。

POINT.2

詳細な検査報告書

検査結果は詳細なチェックシートや現場写真をまとめた「建物検査報告書」にてご報告します。

POINT.3

「既存住宅かし保証保険制度」に対応

検査でも発見できなかった瑕疵(隠れた瑕疵)による損害が保険期間内に発生した場合、修補費用を保証がサポートします。 ※保険付保の条件として、申込後の保険法人の検査に適合することが必要となります。